ホーム 講演内容

講演テーマ例と概要

■今、大学に何が起きているか
大卒者採用に際し、現在の大学事情を知っておくことが重要です。
若者気質、大学の教育内容の変化、就職支援体制などについて、大学側の情報をお伝えし、皆様の採用のお役に立ちます。

■高校生のための「将来の進路の選び方」
これからの時代を担う高校生の皆さんに、どんな大学を選べばいいのかを、高校のレベルに応じて伝授します。

■保護者のための「大学の選び方」
保護者の皆様の時代と、今のお子様では、大学受験の事情はまったく違います。現代の大学選びの神髄を伝授します。

■グローバル化に対応できる学生になるには(育成するには)
英語力、国際感覚、世界の文化への理解など、大学生の皆さんがグルーバルに活躍するために必要な情報を伝えます。

■大学生向け就職講演
有名な企業に入るテクニックだけが就職活動ではありません。自分に合った会社や業界を考えるきっかけをお話します。

■学校法人教職員向け「皆様の学校に応じた教育改革」
大学を運営する学校法人の4割が赤字、定員割れの大学も4割です。こんな時代に生き残る大学経営を考えます。

研修プログラム例と概要

■大学教職員のためのFD・SDセミナー
大学教職員の資質開発が求められています。日本全国すべての大学を取材した経験から、成功事例をお話します。

■産学連携授業の作り方
大学生の就職を考える上で、企業と連携したキャリア支援や授業の開発が求められています。成功事例をお話します。

■大学改革のための教職員研修ワークショップ
各大学の実情に合った大学改革を支援するため、大学ごとに問題点を洗い出し、解決策を導き出すワークショップです。

■生徒のための進路指導の方法
旧帝大や海外名門大学を目指す進学校から、専門学校や就職希望者の多い高校まで、高校別に進路指導の方法を考えます。

■国際化・グローバル化に対応した学校法人経営
就職に強い大学、国際化・グローバル化に強い大学、学生の面倒見が良い大学など、目的別にどんな学校づくりがしたいかで対応します。

講演・研修にご参加された皆様の感想

・やりたいことがわからない人へのアドバイスの仕方に“なるほど”と思いました。興味あることに徹底して取り組むことの大切さを子供に活かしたいと思います。
・具体的な話で分かり易く、とてもためになりました。子供達にも聞かせてあげたいと思いました。
・分かりやすい話で子供にも聞いてもらいたい・聞かせたいと思いました。子供が親の話にどれくらい耳を傾けているか分かりません。教師を目指しているみたいですが、動機づけが弱い…分かりません。色々興味をもって道を広げてあげたいのですが。コミュニケーション能力があれば広けると思っています。弱い所です。
・日本の将来がどうなっていくのか「はっ」とさせられました。その中で子供が生きていくことができるのか不安になりました。今を大切にしっかり考えて勉強や部活に取り組んでほしいと思います。ありがとうございました。
・ぜひ、子供達に同じように講演をしてください。
・仕事が終了後、講演を聞きましたが、一度も眠気を感じませんでした。先生のリズミカルな口調にのせられて、あっという間に時が過ぎていきました。ぜひ、先生の講演をもう一度、次の機会にもうかがいたいと思います。
・大学入学の事だけ考えるのではなく、大学での成績上位者(スキルの体得)になることへ視野を広げるべきと認識できた。

山内太地に依頼する