ホーム 著書紹介

主な著書(新しい順)

時間と学費をムダにしない大学選び2016

山内 太地/石渡 嶺司 著
2015年 中央公論新社

偏差値、知名度、立地にイメージ…その基準で後悔しない?重要なのは「卒業後」!
就きたい仕事のジャンルから選べる、進路案内の決定版。受験生の「なりたい」「わからない」を徹底サポート!

時間と学費をムダにしない大学選び2015

山内 太地/石渡 嶺司 著
2014年 中央公論新社

偏差値、学費、立地にイメージ。大学選びの基準は多々あれど、重要なのは「卒業後」。
興味のある職種で選べる進路案内の決定版。圧倒的情報量で迷える受験生を徹底サポート!

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか

山内 太地 著
2014年 幻冬舎新書

「何でアイツがD通に?」
学歴いらずの就活裏ワザ、教えます。

就活の“学歴格差"がますます広がる中、三流大学から一流企業の内定を獲得する学生たちがいる。
彼ら「勝ち組」の秘訣、さらに偏差値や名前だけではわからない「本当に就職に強い大学」も解説。

大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない

山内 太地 著
2013年 角川書店

世界中が競う大競争社会のなかで、日本の大学教育はその期待にまったく答えていない。このままでは、欧米はおろかアジアの国々にも教育水準で大きく劣ってしまう! 日本の大学教育の現状と対策を考える警告の書。

時間と学費をムダにしない大学選び2014

山内 太地/石渡 嶺司 著
2013年 中経出版

重要なのは「卒業後」、就きたい仕事のジャンルから選べる進路案内の決定版。大学別就職実績&資格試験ランキング。気になる学費、奨学金、特待生制度の情報が充実。

22歳負け組の恐怖

山内 太地 著
2012年 中経出版

4割が就職できない!?大学生二極化時代の到来!高校生の半分が大学へ進学する時代の大学と大学生のリアル。

東大秋入学の衝撃

山内 太地 著
2012年 中経出版

「東大秋入学」のニュースは、従来の「企業が学生にグローバル化を求める」流れを更に加速させ、「大学が学生にグローバル化を求める」時代の幕開けを宣言したものだ!東大秋入学は「大学生淘汰」の始まりなのか?現時点の東大秋入学の状況を解説するとともに、親がわが子を負け組みにしない為に必要なことを説く一冊。

アホ大学のバカ学生

山内 太地/石渡 嶺司 著
2011年 光文社新書

TOEICで100点台を取ってしまう学生、ツイッターでカンニング自慢をしてしまう学生から、内定取りまくりのすごい学生、グローバル人材まで、今日もキャンパスは大騒ぎ。『最高学府はバカだらけ』『就活のバカヤロー』の石渡と日本の全大学を踏破した大学研究家の山内が、日本の大学・大学生・就活の最新事情を掘り下げる。難関大なのに面倒見のいい大学、偏差値は高くなくても在学中に鍛えあげて就職させてくれる大学、少数精鋭、極限の「特進クラス」を持つ大学、グローバル人材と言えばあの大学、などなど、お役立ち最新情報も満載。廃校・募集停止時代の大学「阿鼻叫喚」事情。

こんな大学で学びたい! 日本全国773大学探訪記

山内 太地 著
2010年 新潮社

全部見たから語れる日本の大学の「今」。これまでの既成概念を吹き飛ばす新・大学考。

下流大学に入ろう!

山内 太地 著
2008年 光文社

「すべての人は勉強によって変わることができる」 一流大学から一流企業に入れば一生安泰。このリーマンショック時代にそんなものはまやかしだ。世の中を変えていく現代の織田信長、坂本竜馬は、既得権益のない、エリート以外の人々の中から登場する。それは、多くの「下流大学」を出た私たち一人ひとりなのだ。もう偏差値による格付けにしばられてはいけない、それは他人が決めた基準だ。自ら行動し、学問に触れ、人と会うことで、広い視野を得て、思いこみの学歴格差から解き放たれよう。学問で精神の自由を獲得し、他者の幸福のために生きる力は、誰にでも宿っている。全国700大学を見学し、選りすぐりのユニークな大学をリポート。すべての人には潜在的な可能性があり、自分を、他人を、世界を変えていく力があることを、具体的な事例を盛り込んでご紹介する。

真実の大学案内

山内 太地 著
2000年 東京図書出版会

大学選択の基準は何ですか。偏差値、難易度、校風、それとも学費?しかし、「環境」にも目を向けてみてください。学内設備はどうか、大学の周辺に店はあるか、大学は駅から近いか、これらは充実した大学生活を送るのには重要なポイントです。277大学365キャンパス訪問、北は北海道から、南は沖縄、台湾、香港まで、実際に大学のキャンパスを踏査して、その姿を明らかにする、現役大学生による究極の進学ガイド。